個人アプリ売上報告(2019年9月)

アプリの売上報告は個人アプリ開発をする上で一つの目安になると思います。

私は会社員として働く子育てパパであり、個人でもアプリ開発をして売上を立てている個人事業主でもあります。

売上TOP5

No.1 文字数カウントメモ

文字数をカウントしながらメモが取れるアプリです。機能が充実していて高い評価を得ています。毎月10万円以上の売上が立っています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は App_Store-jp-3.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Google_Play-jp-2.png です

No.2 文字拡大メモ

フォントサイズをメモの入力画面から素早く変更できるアプリです。視力の低い方や年配の方に愛用されているアプリです。毎月約1万円の売上が立っています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は App_Store-jp-3.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Google_Play-jp-2.png です

No.3 富豪への逆算カレンダー

いつまでにいくら稼ぎたいかを設定すると、残された時間で時給・日給・月給をいくら稼がないといけないかを伝える収支カレンダーアプリです。毎月約6千円の売上が立っています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は App_Store-jp-3.png です

No.4 野球手帳

野球の試合結果や練習の予定などを登録するアプリです。夏の甲子園の影響でアプリの利用ユーザーが増えたと思います。毎月約4千円の売上が立っています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は App_Store-jp-3.png です

No.5 スピード仕訳簿記3級

簿記の基礎知識を身につけたり、仕訳カードを左右にスワイプして仕訳を学習できるアプリです。毎月約4千円の売上が立っています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は attachment_103637844-3.jpeg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は App_Store-jp-3.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Google_Play-jp-2.png です

売上合計額

今月は238,574円を売り上げました。昨年の同月と比べて約10万円upです。

グラフの通り、広告売上が全体の83%を占めています残りの17%が有料売上です。(青:広告収入、緑:有料収入)

振り返り

売上の83%を占めている広告収入が右肩あがりで上がっています。

これからも改善を繰り返したり、新規アプリをリリースして少しづつ売上を伸ばしていきます。


9月はMac Miniを購入しました。以前使っていたマシンはMacBook Pro(15-inch, 2017, CPU 3.2Ghz, メモリ16GB , SSD512GB) でしたが、MacMini (2018, CPU 3.2Ghz, メモリ64GB , SSD1TB)に変えてかなり快適になりました。

アプリ開発を行う場合、マシンのスペックが低いとビルドに時間を要します。ビルドの待機時間などが減るとストレスが減るだけでなく、集中力散漫にならない分、目の前のタスクに集中しやすくなります。MacMiniはファンの性能が高いことも利点だと感じています(音も静音です)。

自己投資をすることで成長しやすくなる。という事はこれまでも感じている事なので、これからも積極的に自己投資をしていきたいと思います。


個人用として使用していたMac Book Proはソフマップのラクウルを使って売りました。(ネット申し込み・集荷だったのでほぼ手間なし)

スペックが良いマシンはそれなりに値段がするので初めて購入するときは抵抗を感じやすいですが、一度購入して2年位使って売れば良い買い物になると思っています。


会社・個人の両方でFlutterを使って開発を進めています。

3ヶ月位前まではFlutterに関して発信できる情報に限りがありましたが、Flutterの理解度が高まるとともにTwitterで発信できる情報が変化しています。

発信する情報が変化したことでTwitterでつながっているエンジニアの方々からレクチャーを受けやすくなり、前よりもFlutter開発を楽しめるようになっています。

最近Flutterに興味を持たれている方やトライされている方が増えており、刺激をもらう機会が増えています。


今はFlutterの開発をどんどん楽しめるようになっていますが、学び始めた頃は学習することの壁を感じていました。

これはFlutterに限らず、ネイティブでiOSアプリやAndroidアプリを新規で作った時も同じように感じていました。ですので続けた先にちゃんと価値を見いだせると思って地道に学習を進めてきました。

Flutterに興味を持ったものの学び始めて抵抗を感じるようになっている方に続けることの大切さが伝われば幸いです。


この1年を振り返ると、iOSの開発だけでなく、Androidの新規開発を経験したり、Flutterの新規開発も経験したりと、色んなことにトライできています。

私は元々スポーツをしていて、そっちの道の厳しい世界を知っている為、歳を重ねても成長していけるこの業界にとても面白みを感じています。

逆に言うと、やれることが沢山あるので先を見過ぎると脳がパンクする可能性があるとも思っています。個人的には先を見過ぎず、目の前のことをコツコツ取り組み続けていくことが大切だと思っています。

多くを考え過ぎて悩むより、目の前のことに集中した方が成長していけると思っています。


Mac Miniを購入した事で、自宅で開発に没頭する時間が長くなり、ノマドワークをする機会が減りました。それでもノマドをする時にご一緒してくださるエンジニアの方もいて、とても嬉しく思っています。

今は、これまでにリリースしてきたアプリの保守をしながら、新規アプリのリリースを目指しています。

新たな取り組みをしている事もあって長丁場になると思いますが、アプリをリリースできるようコツコツ進めていきます。

記事を読んでいただき、ありがとうございました😊